manapedia
古文単語「あたふ/能ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
89 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

あたふ/能ふ

ALT

「あたふ」には
①能ふ
②与ふ
の用法があるが、ここでは「①能ふ」を扱う。
ハ行四段活用

未然形あたは
連用形あたひ
終止形あたふ
連体形あたふ
已然形あたへ
命令形あたへ

※下に打消の語を伴い「あたはず」や「あたはぬ」といった形で用いられることが多い。
意味1:自動詞

できる

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
あたはぬことなり。」

[訳]:(泣き悲しんでも引き止めることは)できないことなのだ。


意味2:自動詞

適当である、ふさわしい

[出典]:今昔物語
「これ汝が着る物にあたはず。」

[訳]:これはお前が着るものとしてふさわしくない。


意味3:自動詞

理にかなう、納得がいく

[出典]:落窪物語
「北の方いとあたはず思ひて...」

[訳]:北の方はたいそう納得がいかないと思って...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。