manapedia
どの内閣のときにどんな選挙の制限があったのか
著作名: 早稲男
9,422 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

選挙法の歴史

ここでは、どの内閣のときにどんな選挙の制限があったのかについてまとめています。
現在でこそ20歳以上の男女であれば選挙権は与えられていますが、昔は限られたごくわずかの人にしか選挙権は与えられていませんでした。
そこで、選挙権がどのように拡大してきたのかを表にまとめてみました。

内閣年齢直接国税
1889黒田清隆男25歳以上15円以上
1900山縣有朋男25歳以上10円以上
1919原敬男25歳以上3円以上
1925加藤高明男25歳以上制限なし
1945幣原喜重郎男女20歳以上制限なし


女性の参政権は、戦後になって初めて認められることになりますが、ここには平塚雷鳥市川房枝ら婦人活動家の活動が大きく寄与しています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史