manapedia
古文単語「おぼし/思し/覚し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
90 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おぼし/思し/覚し

ALT

形容詞・シク活用

未然形おぼしくおぼしから
連用形おぼしくおぼしかり
終止形おぼし
連体形おぼしきおぼしかる
已然形おぼしけれ
命令形おぼしかれ


意味1

〜と思われる、〜と見受けられる

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「その中に王とおぼしき人、家に、『造麻呂、まうで来』と言ふに...」

[訳]:その中には王様と思われる人が(乗ってましたが)、家に向かって、「造麻呂よ、出てきなさい。」と言うと...


意味2

こあってほしいと思う、こうありたいと思う

[出典]をりふしの移り変わるこそ 徒然草
おぼしきこと言はぬは腹ふくるるわざなれば...」

[訳]こうあって欲しいと思うことを口にしないのはお腹が膨れるような(嫌な)ことなので...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。