manapedia
古文単語「おぼす/思す」の意味・解説【サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
162 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おぼす/思す

ALT

動詞「思ふ」の未然形「思は」に尊敬を表す助動詞「す」が付いた「思はす」が変化したもの。
サ行四段活用

未然形おぼさ
連用形おぼし
終止形おぼす
連体形おぼす
已然形おぼせ
命令形おぼせ


意味:他動詞

(「思ふ」の尊敬語で)
お思いになる、お考えになる

[出典]若紫・北山の垣間見 源氏物語
「たまさかに立ち出づるだに、かく思ひのほかなることを見るよと、をかしう思す。」

[訳]:偶然に出てきてさえ、このように思いがけないことに出会うものだよと、面白くお思いになります


備考

「思し+動詞」の形で、「思ひ+動詞」の尊敬表現となる。

[出典]:かぐや姫の昇天 竹取物語
「いみじく思し嘆くことあるべし。」

[訳]:たいそうお思い嘆きになることがあるに違いない。


「思し召す」との違い

同じ意味を持つ言葉に「思し召す」があるが、「思す」よりも「思し召す」の方が敬意が高い。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。