manapedia
古文単語「あがる/上がる/揚がる/騰がる」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
47 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

あがる/上がる/揚がる/騰がる

ALT

ラ行四段活用

未然形あがら
連用形あがり
終止形あがる
連体形あがる
已然形あがれ
命令形あがれ


意味1:自動詞

(低いところから高いところへ)
移動する、のぼる、あがる

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「大空より、人、雲に乗りて下り来て、土より五尺ばかり上がりたるほどに立ちつらねたり。」

[訳]:大空から、人が、雲に乗って降りてきて、地面から5尺ほど上がったところで(浮かび)立ち並んでいます。


意味2:自動詞

時代を遡る、時代が古くなる

[出典]:道長 大鏡
上がりても、かばかりの秀歌えさぶらはじ。」

[訳]時代を遡っても、このような優れた歌はきっとないだろう。


意味3:自動詞

昇進する、官位が高くなる

[出典]:少女 源氏物語
「大臣、太政大臣にあがり給ひて...」

[訳]:大臣は、太政大臣にご昇進なさって...


意味4:自動詞

(武芸などが)
上達する

[出典]:風姿花伝
上がるは三十四、五までのころ、下がるは四十以来なり。」

[訳]:(能の芸が)上達するのは三十四、五歳までのころで、衰えるのは四十歳以降である。


意味5:自動詞

のぼせる

※この用法は、「気のあがる」などの形で用いられる。
[出典]:徒然草
「気のあがる病ありて...」

[訳]のぼせる病があって...


意味6:自動詞

(馬や水しぶきなどが)
跳ね上がる

[出典]:古今著聞集
「やがて上がりて投げけるに、てんさかさまに落ちて...」

[訳]:すぐに(馬が)跳ね上がって(乗っていた人を)放り出し、真っ逆さまに落ちて...


意味7:自動詞

(船や風呂から)
でる

意味8:補助動詞

(「食ふ/飲む」の尊敬語で)
召し上がる

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。