manapedia
古文単語「ふるまふ/振る舞ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
57 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ふるまふ/振る舞ふ

ALT

ハ行四段活用

未然形ふるまは
連用形ふるまひ
終止形ふるまふ
連体形ふるまふ
已然形ふるまへ
命令形ふるまへ


意味1:自動詞

行動する、動作をする

[出典]:宇治拾遺物語
「長くほめられ、長くそしられず。しかれば、我が好みにしたがひ振る舞ふべきなり。」

[訳]:長い間ほめられていたり、長い間けなされることはない。だから、自分の好きなように行動するべきである。


意味2:自動詞

わざとらしく趣向をこらす、わざと目立つ行動をする

[出典]:徒然草
「おほかた、振る舞ひて興あるよりも、興なくて安らかなるが勝りたることなり。」

[訳]:一般的に、わざとらしく趣向をこらして面白みがあるよりも、面白みがなくても落ち着きのあるほうが、すぐれているものだ。


意味3:他動詞

もてなす、ごちそうする

[出典]:雨月物語
「魚が橋の蕎麦振る舞ひまをさんに。」

[訳]:魚が橋の蕎麦をごちそうして差し上げようと思う。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。