manapedia
『先従隗始/先づ隗より始めよ』(昭王招賢者〜)書き下し文・わかりやすい現代語訳・口語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
887 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『先従隗始/先づ隗より始めよ』

ここでは、「先従隗始」の「昭王招賢者」から始まる部分の書き下し文と現代語訳、そして文法の解説を行っています。この故事は、大きな事業や計画を始めるときには、まずは身近なところから始めるのがよいということわざ「まず隗より始めよ」の由来になったものです。

※書籍によって書き出しや内容が異なる場合があります。

前回のテキスト:『燕姫姓〜』

白文(原文)

昭王招賢者。
隗曰、
「古之君、有以千金使(※1)涓人(※2)千里馬者。
買死馬骨五百金(※3)而返。
君怒。
涓人曰、

『死馬且買之、況生者乎。
馬今至矣。』

不期年、千里馬至者三。
今王必欲致士、先従隗始。
(※4)況賢於隗者、豈遠千里哉。」


於是昭王為隗改築(※5)宮、師事之。
於是士争趨燕。

書き下し文

昭王賢者を招かんとす。
隗曰はく、

「古の君に、千金を以つて涓人(けんじん)をして千里の馬を求めしむる者有り。
死馬の骨を五百金に買ひて返る。
君怒る。
涓人曰はく、

『死馬すら且つ之を買ふ。
況(いは)んや生ける者をや。
馬今に至らん』と。

期年ならずして、千里の馬至る者三。
今、王必ず士を致さんと欲せば、先(ま)づ隗より始めよ。
況んや隗より賢なる者、豈(あ)に千里を遠しとせんや。」と。


是に於いて昭王、隗の為に改めて宮を築き、之に師事す。
是に於いて士、争ひて燕に趨(おもむ)く。

次ページ:口語訳(現代語訳)


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。