manapedia
古文単語「さらば/然らば」の意味・解説【接続詞/感動詞】
著作名: 走るメロス
257 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

さらば/然らば

ALT

※「さらば/然らば」には、
①接続詞
②感動詞
の用法がある。
①接続詞

意味1

(前文の内容を受けて)
それならば、そうしたら

[出典]競べ弓・弓争ひ 大鏡
「中関白殿、また御前に候ふ人々も、『いま二度延べさせ給へ。』と申して、延べさせ給ひけるを、安からず思しなりて、『さらば延べさせ給へ。』と仰せられて...」

[訳]:中関白殿、そしてこの御前にお仕えする人々も、「あと二回、(勝負を)延長なさいませ。」と申し上げたので、(弓競べを)延長なさったのですが、(道長は)心穏やかではない気持ちにおなりになられて、「それでは延長なさいませ。」と仰って...


意味2

(前文の内容を受けて)
それなら〜べきなのに、しかしながら、そのくせ

※この用法の場合、「さらば〜打消」の形で用いられる。
[出典]鼓判官 平家物語
「法皇、さらばしかるべき武士には仰せで...」

[訳]:法皇は、しかしながらふさわしい武士にはおっしゃらずに...


②感動詞

意味

(別れの挨拶に用いて)
さらば、さようなら

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。