manapedia
古文単語「げらふ/下臈」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
706 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

げらふ/下臈

ALT

名詞

意味1

官位・身分の低い者

[出典]競べ弓・弓争い 大鏡
「中関白殿思し驚きて、いみじう饗応し申させ給ふて、下臈におはしませど、前に立て奉りて、まづ射させ奉らせ給ひけるに...」

[訳]:中関白殿(藤原道隆)はびっくりなさって、たいそう(道長の)機嫌をとり申し上げなさり、(道長は伊周よりも)官位が低い人ではいらっしゃいますが、(伊周よりも順番を)前にお立て申し上げて...


意味2

下賤の者、下人

[出典]高名の木登り 徒然草
「あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。」

[訳]:(この木登り名人は)身分の低い下人ではあるけれど、言っていることは徳の高い人の口にする戒めと同じです。


意味3

修行の年数が短く地位の低い僧

[出典]:尊き聖の 徒然草
「上﨟は下﨟になり、知者は愚者になり...」

[訳]:地位の高い僧は地位の低い僧になり、知恵者(の心)は愚か者(の心)になり...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。