manapedia
古文単語「たまさかなり/偶なり/邂逅なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
161 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

たまさかなり/偶なり/邂逅なり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形たまさかなら
連用形たまさかなりたまさかに
終止形たまさかなり
連体形たまさかなる
已然形たまさかなれ
命令形たまさかなれ


意味1

偶然だ、思いがけない

[出典]若紫・北山の垣間見 源氏物語
たまさかに立ち出づるだに、かく思ひのほかなることを見るよと、をかしう思す。」

[訳]偶然に出てきてさえ、このように思いがけないことに出会うものだよと、面白くお思いになります。


意味2

まれである、めったにない、時たまである

[出典]須磨・心づくしの秋風 源氏物語
「一日、二日たまさかに隔つる折だに、あやしういぶせき心地するものを。」

[訳]:一日、二日時たまに間をおいているときでさえ、気がかりで気が晴れない心地がするのですから。


意味3

もしも、万が一

※この用法の場合、仮定表現の中で連用形で用いられる。
[出典]:火鼠の皮衣 竹取物語
「もし天竺にたまさかに持て渡りなば...」

[訳]:もしインドに万が一にも持って渡っているのならば...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。