manapedia
古文単語「まうづ/詣づ」の意味・解説【ダ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
195 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

まうづ/詣づ

ALT

ダ行下二段活用

未然形まうで
連用形まうで
終止形まうづ
連体形まうづる
已然形まうづれ
命令形まうでよ


意味1:自動詞

(「行く」の謙譲語で)
参上する、お伺いする

[出典]さらぬ別れ 伊勢物語
「母長岡といふ所に住み給ひけり。子は京に宮仕へしければ、まうづとしけれど、しばしばえまうでず。」

[訳]:母親は、長岡という所に住んでいらっしゃいました。子どもは京都で宮仕えをしていたので、(母親に会いに長岡に)参上しようとはしましたが、たびたびは参上することができずにいます。


意味2:自動詞

(神社や寺などに)
お参りする、参詣する

[出典]:蜻蛉日記
「十八日に、清水へまうづる人に、又しのびてまじりたり。」

[訳]:十八日に、清水寺へと参詣する人(の中)に、またこっそりと加わった。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。