manapedia
古文単語「きゆ/消ゆ」の意味・解説【ヤ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
327 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

きゆ/消ゆ

ALT

ヤ行下二段活用

未然形きえ
連用形きえ
終止形きゆ
連体形きゆる
已然形きゆれ
命令形きえよ


意味1:自動詞

(形や感情が)
消えてなくなる、なくなる

[出典]ゆく河の流れ 方丈記
「よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。」

[訳]:川のよどみに浮かんでいる水の泡は、一方では形が消えてなくなり、一方では形ができたりと、そのままの状態で長くとどまっている例はない。


意味2:自動詞

意識がなくなる、気絶する

[出典]:手習 源氏物語
「いと弱げに、消えもてゆくやうなれば...」

[訳]:ひどく弱々しそうで、だんだん意識がなくなっていく様子なので...


意味3:自動詞

死ぬ、命を失う

※死ぬことを婉曲して表す言葉。
[出典]:蜻蛉 源氏物語
「あはれ知る心は人におくれねど数ならぬ身に消えつつぞ経る」

[訳]:悲しみを知る心は人に劣りませんが、ものの数にも入らない身の私は死ぬような思いで過ごしております


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。