manapedia
『生ひ立たむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむそらなき』わかりやすい現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
609 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、源氏物語の中の「若紫」で詠まれている「生ひ立たむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむそらなき」という歌の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文

生ひ立たむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむそらなき

現代語訳

成長していく場所も知らない(これからどのように成長をしていくのかわからない)若草(のような少女のこと)を、後に残して消えていく露(のような老い先の短い私)は、(気になって)消えようにも消える空がない(死んでも死にきれません)。

解説

「若草」は少女を、「露」は今日明日の命かもしれない尼君のことを指している。また、「生ひ立たむありか」を、若草が生える場所と、少女の成長の行く末という意味にかけて用いている。

少女ほどの年齢であればもっとしっかりしている子がいるにもかかわらず、未だに幼稚なことで涙を流す少女を見て、世話役である尼君が少女の将来を案じて詠んだ歌。

単語・文法

生ひ立たタ行四段活用「生ひ立つ」の未然形
若草少女
おくらすサ行四段活用「おくらす」の連体形。先に死んで人を後に残す
尼君
ぞ〜なき係助詞「ぞ」〜連体形「なき」なので係り結び


品詞分解

生ひ立たタ行四段活用・未然形
推量の助動詞・連体形
ありか
係助詞
知らラ行四段活用・未然形
打消の助動詞・連体形
若草
格助詞
おくらすサ行四段活用・連体形
係助詞
消えヤ行下二段活用・未然形
意志の助動詞・連体形
そら
なき形容詞・ク活用・連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。