manapedia
古文単語「うしろめたし/後ろめたし」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
382 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

うしろめたし/後ろめたし

ALT

形容詞・ク活用

未然形うしろめたくうしろめたから
連用形うしろめたくうしろめたかり
終止形うしろめたし
連体形うしろめたきうしろめたかる
已然形うしろめたけれ
命令形うしろめたかれ


意味1

気がかりだ、不安だ、心配だ

[出典]若紫・北山の垣間見 源氏物語
「いとはかなうものし給ふこそ、あはれにうしろめたけれ。 」

[訳]:たいへん幼くいらっしゃるのが、かわいそうで気がかりです


意味2

油断ならない、気が許せない

[出典]:淑景舎、春宮に 枕草子
「『あしかめり。』『うしろめたきわざかな。』」

[訳]:「(覗きは)よくないようです。」「油断ならないやり方ですね。」


意味3

気がとがめる、やましい、後ろ暗い

[出典]:帚木 源氏物語
「我も人も後ろめたく心置かれじやは。」

[訳]:自分も他の人も気がとがめて気兼ねすることがないだろうか、いや気兼ねするであろう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。