manapedia
古文単語「かきやる/掻き遣る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
83 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

かきやる/掻き遣る

ALT

ラ行四段活用

未然形かきやら
連用形かきやり
終止形かきやる
連体形かきやる
已然形かきやれ
命令形かきやれ


意味:他動詞

手で払いのける

[出典]:和泉式部 後拾遺和歌集
「黒髪の乱れも知らずうちふせば まづかきやりし人ぞ恋しき」

[訳]:黒髪が乱れることにもかまわずに(泣き)伏せていると、真っ先にこの髪をかき上げてくれた人のことが恋しくてたまらない


備考

「かきやる」のイ音便からなる言葉に「かいやる/掻い遣る」がある。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。