manapedia
古文単語「したふ/慕ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
295 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

したふ/慕ふ

ALT

ハ行四段活用

未然形したは
連用形したひ
終止形したふ
連体形したふ
已然形したへ
命令形したへ


意味1:他動詞

恋しく思う、慕う、心引かれる

[出典]花は盛りに 徒然草
「花の散り、月の傾くを慕ふならひはさることなれど...」

[訳]:花が散って、月が(沈もうと西に)傾いてきたのを(惜しみ)慕うのはもっともなことなのだけど...


意味2:他動詞

慕ってあとを追う

[出典]若紫・北山の垣間見 源氏物語
「おのがかく今日明日におぼゆる命をば、何とも思したらで、雀慕ひ給ふほどよ。」

[訳]:私がこのように今日明日かと思われる命ですのに、なんともお思いにならないで、雀を追いかけていらっしゃることです。


意味3:他動詞

師事する、ついて学ぶ

[出典]:西鶴織留
「有職の道者に慕ひ...」

[訳]:儀式の作法は専門家について学び...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。