manapedia
高校英語 時制の一致の例外~時制の一致を行わなくていい場合~
著作名: ほりぃ
13,436 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

時制の一致の例外

何も、すべての文章の時制を一致させなければならないというわけではありません。時制の一致にも例外が存在します。

普遍の真理・ことわざ

絶対に変わることのない真理(事実)やことわざに関しては、時制の一致は起こりません。
I learned that the sun rises in the east. 太陽は東から登ると教わりました。

太陽が東から登るということは普遍の真理ですので、この場合時制の一致は行いません。
同じように、ことわざで決められている語句も時制に合わせる必要はありません。
歴史の出来事

「織田信長は尾張で生まれた」と今日習ったとしましょう。
I learned that Nobunaga Oda was born in Owari.

本来なら、織田信長が生まれたのは、私が今日そのことを習ったことよりも過去のことですので、 that 以下の文章の時制を合わせて過去完了形にしなくてはなりません。しかし、歴史の出来事については時制をあわせる必要がありません。

現在も変わらない事実や習慣

I knew that the class finishes at 5:00pm. 私は、学校が5時に終わることを知っていました。
学校が5時に終わるということは、今日だけの話ではなく毎日の話です。
このように、いつまでも変わらない事実や習慣についても、時制の一致は行いません。

仮定法

仮定法は、時制の一致の影響を受けないです。
He said if it were fine today,I would play football outside.
晴れていたら外でサッカーをするのになぁと彼は言いました。


以上の4つが、時制の成約を受けないパターンです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語