manapedia
古文単語「ただびと/徒人/直人」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
399 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ただびと/徒人/直人

ALT

名詞

意味1

(神仏に対して)
普通の人間、一般の人

[出典]:かぐや姫の昇天 竹取物語
「はかなく口惜しと思して、げにただ人にはあらざりけりと思して...」

[訳]:むなしく残念だとお思いになり、本当に(かぐや姫は)普通の人間ではなかったのだなあとお思いになって...


意味2

(天皇や皇族に対して)
臣下、臣民

[出典]:ひじき藻 伊勢物語
「まだ帝にも仕うまつり給はで、ただびとにておはしましける時のことなり」

[訳]:まだ天皇にもお仕えし申し上げなさらないで、臣下でいらっしゃった時のことです。


意味3

一般の貴族、官位の低い人

[出典]若紫・北山の垣間見 源氏物語
「中の柱に寄り居て、脇息の上に経を置きて、いとなやましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。」

[訳]:中の柱に寄りかかって座り、肘掛けの上に経をおいて、たいそうだるそうに読経している尼君は、官位の低い人には見えません。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。