manapedia
古文単語「なかなかなり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
475 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

なかなかなり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形なかなかなら
連用形なかなかなりなかなかに
終止形なかなかなり
連体形なかなかなる
已然形なかなかなれ
命令形なかなかなれ


意味1

中途半端である、なまじっかである、どっちつかずである

[出典]桐壷 源氏物語
「わが身はか弱くものはかなきありさまにて、なかなかなるもの思ひをぞし給ふ。」

[訳]:(更衣)自身の体はか弱くなんとなく頼りない様子であるので、(帝の寵愛を受けたことで)なまじっかよくないお思いをしていらっしゃいます。


意味2

かえってしない方がましである

[出典]:桐壷 源氏物語
「はかばかしう後ろ見思ふ人もなき交じらひは、なかなかなるべきこと。」

[訳]:しっかりとした後ろ盾になってくれる人もいない宮仕えは、かえってしない方がましであるに違いない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。