manapedia
古文単語「ばう/坊」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
307 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ばう/坊

ALT

名詞

意味1

平城京・平安京の区画を表す単位

意味2

(「東宮坊」の略で)
東宮の御殿、皇太子

[出典]桐壷 源氏物語
「この御子生まれ給ひて後は、いと心異に思ほしおきてたれば、にも、ようせずは、この御子の居給ふべきなめりと、一の皇子の女御は思し疑へり」

[訳]:この皇子がお生まれになってから後は、(帝は更衣のことを)たいそう格別にお心にかけ(るよう取り決め)られたので、皇太子にも、ひょっとしたら、この皇子がおつきになられるのかもしれないと、第一の皇子の女御はお思い疑いになっています


意味3

僧のいる場所、僧坊、寺の宿泊所、宿坊

[出典]立石寺 奥の細道
「日いまだ暮れず。ふもとのに宿借りおきて、山上の堂に登る。」

[訳]:日はまだ暮れていない。山のふもとの宿坊に宿を借りて、山上にあるお堂に登っていく。


意味4

僧侶、お坊さん

[出典]:福井 奥の細道
「いづくより渡り給ふ道心の御坊にや。」

[訳]:どちらからおいでになった仏心を求めるお坊様でしょうか。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。