manapedia
古文単語「いつしか/何時しか」の意味・解説【副詞・連語】
著作名: 走るメロス
684 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

いつしか/何時しか

ALT

※「いつしか」は
①副詞
②連語
としての用法がある。

①副詞

意味1

早く、早速

※この用法の場合、「いつしか〜願望」の形をとる。
[出典]桐壷 源氏物語
いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせて御覧ずるに、めづらかなる稚児の御容貌なり。」

[訳]:(帝は子どもを)早く(見たい)と待ち遠しくお思いになられていたので、急いで(皇子を)参上させてご覧になったところ、めったいないほど(美しい)赤ん坊の御容姿でいらっしゃいます。


意味2

いつの間にか、知らないうちに

[出典]:賢木 源氏物語
「初時雨、いつしかとけしきだつに...」

[訳]:初時雨が降り、いつの間にか(晩秋の)兆候が見えるころ...


意味3

早くも、すでに

[出典]:総角 源氏物語
「宮は、いつしかと御文たてまつりたまふ。」

[訳]:宮は、早速お手紙を差し上げなさいました。


意味4

いつの日か

[出典]:おらが春 小林一茶
いつしか、彼をも振り分け髪の丈になして...」

[訳]いつの日か、この子も振り分け髪(のできる)背丈にして...


②連語

意味

いつになったら〜だろうか、いつ〜だろうか

※この用法の場合「いつしか〜む」係り結びの形で用いる。
[出典]海賊の恐れ 土佐日記
「その音を聞ゝて、童も嫗もいつしかと思ほへばにやあらん、いたく喜ぶ。」

[訳]:その声を聞いて、子どもも老人も、いつになったら(帰れるのだろうか)と思っていたのだろうか、ひどく喜んでいる。

※係り結びの省略:いつしか「帰らむ」が省略されている。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。