manapedia
古文単語「きよらなり/清らなり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
653 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

きよらなり/清らなり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形きよらなら
連用形きよらなりきよらに
終止形きよらなり
連体形きよらなる
已然形きよらなれ
命令形きよらなれ


意味1

清らかで美しい、気品があって美しい

[出典]桐壷 源氏物語
「前の世にも御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の男御子さへ生まれ給ひぬ。」

[訳]:(帝とその寵愛を受けていた女性は)前世でもご縁が強かったのでしょうか、世にまたとないほど清らかで美しい玉のような皇子までもがお生まれになりました。


意味2

(服装や調度品などが)
華麗である、素晴らしい

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「立てる人どもは、装束の清らなること、物にも似ず。」

[訳]:(空に)立っている人たちは、装束の華麗なことは、他に似ているものがないほどです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。