manapedia
古文単語「ちぎる/契る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
271 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ちぎる/契る

ALT

ラ行四段活用

未然形ちぎら
連用形ちぎり
終止形ちぎる
連体形ちぎる
已然形ちぎれ
命令形ちぎれ


意味1:他動詞

約束する

[出典]花山院の出家 大鏡
「日ごろ、よく、『御弟子にて候はむ。』と契りて、すかし申し給ひけむがおそろしさよ。」

[訳]:(粟田殿は)常々、よく、「(一緒に出家して、帝の)お弟子としてお仕え申し上げましょう。」と約束していて、(そうやって帝を)おだまし申し上げなさったとかいうことが恐ろしいことでございます。


意味2:他動詞

(男女が)
愛を誓う、将来を誓う、夫婦の約束をする

[出典]須磨 源氏物語
「生ける世の別れを知らで契りつつ命を人に限りけるかな」

[訳]:生きているこの世にも、別れ(生き別れ)というのがあるのを知らないで、命あるかぎりは一緒にいると夫婦の約束をしたのです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。