manapedia
古文単語「さりとも/然りとも」の意味・解説【接続詞・副詞】
著作名: 走るメロス
198 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

さりとも/然りとも

ALT

※ラ行変格活用「さり」の終止形と接続助詞「とも」が合わさったもの。
「さりとも」には
①接続詞
②副詞
の用法がある。
①接続詞

意味1

そうはいっても、例えそうであったとしても

[出典]:五人の貴公子 竹取物語
さりともつひに男あはせざらむやはと思ひて...」

[訳]そうはいっても最後まで男と結婚させないことがあるだろうか、いや、そんなことはないと思って...


意味2

今まではそうでもこれからは〜だろう

[出典]:葵 源氏物語
「多くの人の心を尽くしつる日ごろの名残、少しうち休みて、今はさりともと思す。


[訳]:多くの人が気をもんだ普段の(心配の)名残も、少し安らいで、今まではそうでもこれからは(大丈夫だろう)とお思いになる。


②副詞

意味

いくらなんでも、まさか

[出典]:里にまかでたるに 枕草子
「妹のあらむ所、さりとも知らぬやうあらじ。言へ。」

[訳]:妹がいるような所を、いくらなんでも(兄であるお前が)知らないはずはなかろう。言え。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。