manapedia
古文単語「おのづから/自ら」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
478 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おのづから/自ら

ALT

副詞

意味1

自然に、ひとりでに

[出典]花山院の出家 大鏡
「いかにかくは思し召しならせおはしましぬるぞ。ただ今過ぎば、おのづから障りも出でまうで来なむ。」

[訳]:どうしてそのように(お手紙を持って行こうと)お思いになられたのですか。今が過ぎれば、自然と(人の目を避けて出て行くのに)支障もでて参るに違いありません。


意味2

いつの間にか、知らないうちに、ひょっこりと

[出典]:今昔物語
「庭の中を見れば、たちまちに紫の色の筍三本、おのづから生ひいでたり。」

[訳]:庭の中を見ると、突然紫色のたけのこが三本、ひょっこりと生えてきた。


意味3

偶然に、たまたま、まれに

[出典]はしたなきもの 枕草子
おのづから人の上などうちいひそしりたるに、幼き子どもの聞きとりて、その人のあるにいひ出でたる。」

[訳]たまたま人ことを口にしてけなしていたのを、幼い子どもに聞かれて、それを本人がいる所で口に出してしまうこと。


意味4

ひょっとすると、万一、もしも

[出典]:祇王 平家物語
おのづから後まで忘れぬ御事ならば...」

[訳]もしも(私のことを)のちまでお忘れにならないのであれば...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。