manapedia
古文単語「ただいま/只今」の意味・解説【名詞・副詞】
著作名: 走るメロス
227 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ただいま/只今

ALT

「ただいま」には、
①名詞
②副詞
としての用法がある。
①名詞

意味

今、現在

[出典]:清涼殿の丑寅の 枕草子
ただいまの関白殿、三位の中将と聞こえけるとき...」

[訳]現在の関白殿が、三位の中将と申し上げていたときのこと...


②副詞

意味1

たった今、今すぐ、ちょうど今

[出典]花山院の出家 大鏡
「いかにかくは思し召しならせおはしましぬるぞ。ただ今過ぎば、おのづから障りも出でまうで来なむ。」

[訳]:どうしてそのように(お手紙を持って行こうと)お思いになられたのですか。が過ぎれば、自然と(人の目を避けて出て行くのに)支障もでて参るに違いありません。


意味2

すぐに、直ちに

[出典]:上にさぶらふ御猫は 枕草子
「この翁丸、打ち調じて犬島へ遣わせ。ただ今。」

[訳]:この翁丸を、打ちこらしめて犬島へ追放せよ。直ちに。」


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。