manapedia
「もしあの時~だったら」を英語で 仮定法過去完了
著作名: ほりぃ
24,989 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

もし昨日晴れていたら、ピクニックに行けたのになぁ。」

もし~だったら○○するのになぁ のように、現在の状況と反することを望むのが仮定法過去でした。
仮定法過去に関するテキスト

一方で、過ぎてしまったことに対して もしあのとき~だったら○○したのになぁ を表すのが、仮定法過去完了と呼ばれる文法です。

仮定法過去完了

文法的に言うのであれば仮定法過去完了とは、過去の事実とは違うことを考える場合に使う表現です。
名前の通り、仮定法過去完了では過去完了形を使います。
現在のことを表すのに仮定法過去を使ってしまったので、同じ過去形では表現ができないんですね。1つ前の時制を使います。

文章は次のようになります。
If+主語+had+動詞の過去分詞~、主語+would(could,might,should)+have+動詞の過去分詞○○

これで、もしあのとき~だったら○○だったのになぁ となります。

さて、それでは先程の例文を英語にしてみましょう。
If it had been fine yesterday, I could have gone on a picnic.


ではもう1題やってみましょう。
もし車を持っていたら、ドライブに行けたのになぁ

If I had had a car, I could have gone for a drive.     

過去の事実とは異なることを望む/仮定する場合、仮定法過去完了を使います。
  

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語