manapedia
古文単語「おぼしめす/思し召す」の意味・解説【サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
309 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おぼしめす/思し召す

ALT

サ行四段活用

未然形おぼしめさ
連用形おぼしめし
終止形おぼしめす
連体形おぼしめす
已然形おぼしめせ
命令形おぼしめせ


意味:他動詞

(「思ふ」の尊敬語で)
お思いになる、お感じになる

[出典]花山院の出家 大鏡
「さやけき影を、まばゆく思し召しつるほどに、月の顔にむら雲のかかりて、少し暗がりゆきければ...」

[訳]:明るくてはっきりしている月の光をまぶしくお思いになっている間に、月にむら雲がかかって、少し暗くなったので...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。