manapedia
古文単語「こふ/恋ふ」の意味・解説【ハ行上二段活用】
著作名: 走るメロス
319 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

こふ/恋ふ

ALT

ハ行上二段活用

未然形こひ
連用形こひ
終止形こふ
連体形こふる
已然形こふれ
命令形こひよ


意味1:自動詞

(異性を)
慕う

[作者]筒井筒 伊勢物語
「君来むと言ひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞ経る 」

[訳]:あなたが行こうと言ったどの夜もむなしく過ぎてしまったのでもう頼りにはしていませんが、あなたをお慕いしながら過ごしています。


意味2:自動詞

(物や場所・過去を)
なつかしく思う

[作者]月やあらぬ 伊勢物語
「またの年の正月に、梅の花盛りに、去年を恋ひて...」

[訳]:次の年の正月に、梅の花が満開になる頃ですが、(男性は)去年のことをなつかしく思って...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。