manapedia
古文単語「みいだす/見出だす」の意味・解説【サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
231 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

みいだす/見出だす

ALT

サ行四段活用

未然形みいださ
連用形みいだし
終止形みいだす
連体形みいだす
已然形みいだせ
命令形みいだせ


意味1:他動詞

中から外を見る・眺める

[出典]筒井筒 伊勢物語
「『君があたり見つつを居らむ生駒山 雲な隠しそ雨は降るとも』と言ひて見出だすに...」

[訳]:『あなたがいらっしゃるあたりを見続けておりましょう。生駒山を、雲よ、隠さないでおくれ。雨は降ろうとも。』と言って外を眺めていると...


意味2:他動詞

見つけ出す、さがし出す

[出典]:宇治拾遺物語
「奥の方をよくよく見れば、この地蔵納めて置き奉りけるを思ひ出して、見出だしたりけり。」

[訳]:奥の方を念入りに見ると、この地蔵を納め置き申し上げてあったことを思い出して、見つけ出したのであった。


意味3:他動詞

(怒りや驚きで)
目を見開いて見る

[出典]:曽我物語
「持ちたる扇をさっと開き、大きに目を見出だし...」

[訳]:持っていた扇をさっと開いて、大きく目を見開いて見て...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。