manapedia
古文単語「こころにくし/心憎し」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
714 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

こころにくし/心憎し

ALT

形容詞・ク活用

未然形こころにくくこころにくから
連用形こころにくくこころにくかり
終止形こころにくし
連体形こころにくきこころにくかる
已然形こころにくけれ
命令形こころにくかれ


意味1

奥ゆかしい、心がひかれる

[出典]筒井筒 伊勢物語
「まれまれかの高安に来てみれば、初めこそ心にくくもつくりけれ...」

[訳]:(男が)ごくまれに例の高安(の女の元)に来てみると、(女は)初めこそ奥ゆかしくよそおっていたのですが...


意味2

恐れるべきだ、警戒すべきだ

[出典]:競 平家物語
「定めて打手向けられ候はんずらん。心憎うも候はず。」

[訳]:必ず追手を仕向けられるでしょう。恐れるべきほどでもございません。

※「心憎う」は連用形「こころにくく」のウ音便。


意味3

怪しい、いぶかしい、不審である

[出典]:世間胸算用 井原西鶴
こころにくし。重き物を軽う見せたるは隠し銀に極まるところ。」

[訳]あやしい。重い物を軽いように見せているのは、隠し金があるに違いない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。