manapedia
古文単語「ことごころ/異心」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
469 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ことごころ/異心

ALT

名詞

意味1

浮気心、他の異性にひかれる心

[出典]筒井筒 伊勢物語
「さりけれど、このもとの女、悪しと思へる気色もなくて、いだしやりければ、男、異心ありてかかるにやあらむと思ひ疑ひて...」

[訳]:そうではあったのですが、このもとの女は(この男の行動を)不快に思う様子もなく、(男を新しい女のもとへと)送り出してやったので、男は、浮気心があってこのようにしているのであろうかと疑わしく思って...


意味2

他の事を思う心、違う考え、余計な考え

[出典]:忠こそ 宇津保物語
「上中下すげなき遊びを心ひとつやりて、異心なし。」

[訳]:身分が高い者、中位の者、下位の者が無関心の遊びに熱中して、他の事は考えていない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。