manapedia
古文単語「あく/飽く」の意味・解説【カ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,059 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

あく/飽く

ALT

「あく」には
①明く
②開く/空く
③飽く
の用法があるが、ここでは「③飽く」について扱う。
カ行四段活用

未然形あか
連用形あき
終止形あく
連体形あく
已然形あけ
命令形あけ


意味1:自動詞

満足する、満ち足りた気持ちになる

[出典]:宇治拾遺物語
「あはれ、いかで芋粥にあかん。」

[訳]:ああ、どうにかして芋粥に満足したい。(満足するほど食べたい)


意味2:自動詞

うんざりする、十分すぎて嫌になる

[出典]:閑居の気味 方丈記
「魚は水に飽かず。魚にあらざれば、その心を知らず。」

[訳]:魚は水にうんざりすることはない。(しかし私は)魚ではないので、その心はわからない。


意味3:補助動詞

十分〜する。すっかり〜する、うんざりするほど〜する

※この用法の場合、動詞の連用形に付いて用いられる。
[作者]馬のはなむけ・門出 土佐日記
「上中下、酔ひ飽きて、いとあやしく、潮海のほとりにて、あざれ合へり。」

[訳]:身分の高い者も中くらいな者も低い者も、すっかり酔っ払っ、不思議なことであるが、海のほとりで、(魚肉が腐るはずのないのに)ふざけあっている。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。