manapedia
古文単語「ある/荒る」の意味・解説【ラ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
347 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ある/荒る

ALT

ラ行下二段活用

未然形あれ
連用形あれ
終止形ある
連体形あるる
已然形あるれ
命令形あれよ


意味1:自動詞

(天候や海などが)
荒れる、激しくなる

[出典]:宇多の松原 土佐日記
「これらを人の笑ふを聞きて、海は荒るれども、心はすこし凪ぎぬ。 」

[訳]:これらを人が笑うのを聞いて、海は荒れているけれども、心は少し落ち着いた。


意味2:自動詞

(家や田畑などが)
荒れ果てる

[出典]:万葉集
「楽浪の国つ御神のうらさびて荒れたる都見れば悲しも 」

[訳]:楽浪の地の神の御心がすさんでしまって、(そのために)荒れ果てた都を見ると悲しいことよ


意味3:自動詞

興ざめる、白ける

[出典]:文覚被流 平家物語
「『こはいかに、こはいかに。』とさはがれければ、御遊もはや荒れにけり。」

[訳]:「これはどうしたことだ、これはどうしたことだ。」と騒がれたので、管弦のお遊びもすぐに白けてしまった。


意味4:自動詞

心がすさむ、腹を立てる

[出典]帰京 土佐日記
「家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。 」

[訳]:家の管理を任せていた人の心も、すさんでいたことよ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。