manapedia
古文単語「あかし/明かし」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
540 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

あかし/明かし

ALT

形容詞・ク活用

未然形あかくあかから
連用形あかくあかかり
終止形あかし
連体形あかきあかかる
已然形あかけれ
命令形あかかれ


意味1

光が明るい

[出典]帰京 土佐日記
「家に至りて、門に入るに、月明かければ、いとよくありさま見ゆ。」

[訳]:家について、門に入ると、月の光が明るいので、大変よく(家の)様子が見える。


意味2

潔白である、心が清い、誠実である

[出典]:万葉集
「...隠さはぬ明かき心を皇辺に極め尽して仕へ来る...」

[訳]:...隠し続けるところのない誠実な心で天皇のおそばに極め尽くして仕えてきた...


※「あかし/赤し」の意味・解説

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。