manapedia
【鎌倉文化、文学、建築、彫刻、絵画、工芸】 受験日本史まとめ 27
著作名: Cogito
389 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

鎌倉時代の中世文学

鎌倉文化は、新しく起こった鎌倉仏教の影響を強く受けて成立しました。武士の家庭に育った西行は、世の無常を感じ妻子を残し出家し、歌集『山家集』を残しました。京都の日野山の庵に隠遁した鴨長明(1155?〜1225)は動乱期の事件を元に『方丈記』を書き記しました。天台宗の天主座主にあった慈円は、貴族出身に出自から衰退する貴族社会を観察し、『愚管抄』を著しました。

後鳥羽上皇は、院中に和歌所を置き、藤原定家(1162〜1241)・藤原家隆(1158〜1237)・寂蓮法師(1139?〜1202)らに『新古今和歌集』を選ばせました。『新古今和歌集』には、この三名の他、後鳥羽上皇・九条兼実の息子良経・兼実の弟慈円・西行らが優れた歌人として選ばれています。藤原定家に師事した将軍実朝は、『金槐和歌集』を残しました。しかし、その後藤原定家の子孫は、二条・京極・冷泉の三家にわかれ家元を争い、歌の名手はあらわれなくなります。

小説では、『石清水物語』『苔の衣』などが書かれましたが、平安文学には及びませんでした。

歴史文学では、『大鏡』の影響を受けた『今鏡』『水鏡』が作られます。仏教書としては虎関師錬の『元享釈書』がかかれ、また、鎌倉幕府による史書『吾妻鏡』が歴史的に重要な書物として残っています。

日記、紀行文学では、『東関紀行』『海道記』『十六夜日記』などがあります。

説話文学では、『宇治拾遺物語』『十訓抄』『古今著聞集』がつくられました。

随筆では、吉田(卜部)兼好(1283?〜1352?)の『徒然草』が名作として名高い作品として残っています。

軍記物語では、『保元物語』『平治物語』『平家物語』『承久記』などがあり、和漢混淆文で書かれました。

注釈書では、『日本書紀』の注釈書として卜部兼好の『釈日本紀』、『万葉集』の注釈書として僧仙覚の『万葉集註釈』、源氏物語の注釈書として源光行・親行父子の『水原抄』がつくられました。

この時代、朝廷の儀式や作法を研究する有識故実も広まり、順徳天皇(在位1210〜21)の『禁秘抄』や後鳥羽上皇の『世俗浅深秘抄』などが書かれました。

武士の間でも徐々に学問が広がり、北条実時は、武士の間での学問の便を図るため、金沢の称名寺に和漢の書を集め金沢文庫をはじめました。

南宋の朱熹によってはじめられた儒学の一派宋学(朱子学)は、俊芿や禅僧中巌円月によりこのころ日本に伝えられ、広がっていきます。

神道でも新しい思想がおこり、伊勢外宮の神官度会家行が『類聚神祇本源』を著し、伊勢神道(度会神道)を大成させます。

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史