manapedia
古文単語「うまのはなむけ/馬の餞」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
1,431 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

うまのはなむけ/馬の餞

ALT

名詞

意味

道中の安全を祈願し行う送別の宴

「うまのはなむけ」とは、旅立つ人の道中の安全を祈願し行う送別の宴またはそのときに贈る餞別のこと。旅立ちのときに、馬の鼻先を旅立つ方へと向けたことからきている。

[出典]馬のはなむけ・門出 土佐日記
「藤原のときざね、船路なれど、馬のはなむけす。」

[訳]:藤原のときざねが、(馬には乗らない)船旅ではあるけれど、送別の宴をする。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。