manapedia
古文単語「としごろ/年頃/年来/年比」の意味・解説【名詞・副詞】
著作名: 走るメロス
1,676 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

としごろ/年頃/年来/年比

ALT

「としごろ」には、
①名詞
②副詞
としての用法がある。
①名詞

「としごろ+の・に・より・も」または「〜の+としごろ」の形であれば名詞。
意味1

長年、ここ数年

[出典]:故殿の御ために 枕草子
「かばかり年ごろになりぬる得意の、疎くてやむはなし。」

[訳]:このように長年(の付き合い)になった親友(との関係)は、疎遠なままで終わることはない。


[出典]葵・物の怪の出現 源氏物語
年ごろ、よろづに思ひ残すことなく過ぐしつれど...」

[訳]長年、いろいろと思いを残すことなく過ごしてきましたが...


意味2

年格好、年配

[出典]:三人法師 御伽草子
「その中に年ごろ四十二、三ばかりなる僧の...」

[訳]:その中に、年格好が四十二、三歳ほどである僧で...


②副詞

直接、動詞を修飾しているのをみて副詞と判断する。
意味

ここ数年、長年

[出典]門出・東路の道の果て 更級日記
年ごろ遊び慣れつる所を、あらはにこほち散らして...」

[訳]長年遊びなれた家を、丸見えになるほど乱雑に壊して...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。