manapedia
古文単語「あらはなり/顕なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
733 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

あらはなり/顕なり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形あらはなら
連用形あらはなりあらはに
終止形あらはなり
連体形あらはなる
已然形あらはなれ
命令形あらはなれ


意味1

丸見えである

[出典]門出・東路の道の果て 更級日記
「年ごろ遊び慣れつる所を、あらはにこほち散らして...」

[訳]:長年遊びなれた部屋を、丸見えになるほど乱雑に壊して...


意味2

はっきりしている、明白である、あからさまである

[出典]:桐壷 源氏物語
「 あな恐ろしや。春宮の女御のいとさがなくて、桐壺の更衣の、あらはにはかなくもてなされにし例もゆゆしう。」

[訳]:ああ恐ろしい。東宮の女御がひどく意地悪で、桐壷の更衣を、あからさまに粗末に扱われた例もひどい。


意味3

表立っている、公然としている

[出典]:行幸 源氏物語
「必ずしも氏神の御つとめなどあらはならぬほどなればこそ、年月は紛れ過ぐしたまへ。」

[訳]:必ずしも氏神への参詣など表立ってすることもない(境遇なもの)のですから、(これまでの)歳月は(自分の素性を)曖昧にして過ごしていらっしゃったのですが...


意味4

無遠慮である、慎みがない

[出典]:御前にて人々とも 枕草子
「あれは誰そ。あらはなり。」

[訳]:あれはだれだ。慎みがない


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。