manapedia
古文単語「おひいづ/生ひ出づ」の意味・解説【ダ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
703 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おひいづ/生ひ出づ

ALT

ダ行下二段活用

未然形おひいで
連用形おひいで
終止形おひいづ
連体形おひいづる
已然形おひいづれ
命令形おひいでよ


意味1:自動詞

生まれ出る、生え出る

[出典]:澪標 源氏物語
「腹々に御子どもいとあまた次々に生ひ出でつつ賑ははしげなるを...」

[訳]:あちらこちらの夫人方にお子様がたいそうたくさん次々に生まれ出てにぎやかな様子であることを...


意味2:自動詞

成長する、育つ

[出典]門出・東路の道の果て 菅原孝標女
「東路の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひ始めけることにか...」

[訳]:京都から東国へ向かう道の果てよりも、もっと奥の方で育った人(作者自身)は、(今思うと)どれほどまあ(田舎っぽくて)見苦しかっただろうに、どうして(そのようなことを)思い始めたのか...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。