manapedia
古文単語「おとす/落とす/貶す」の意味・解説【サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
586 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おとす/落とす/貶す

ALT

サ行四段活用

未然形おとさ
連用形おとし
終止形おとす
連体形おとす
已然形おとせ
命令形おとせ


意味1:他動詞

落下させる

[出典]:宇治拾遺物語
「口ひきける男、あしくひきて聖の馬を堀へ落としてげり。」

[訳]:馬の口を引いていた男が、下手に引いたので、高僧の(乗った)馬を堀へ落としてしまった。


意味2:他動詞

(花や葉を)
散らす

意味3:他動詞

勢いよく下りさせる

[出典]: 坂落 平家物語
「まづ三十騎ばかり、まっさきかけて落とされけり。」

[訳]:最初に三十騎ほど、(その中でも義経が)先頭を駈けて(馬を)勢い良くお下ろしになる。


意味4:他動詞

見落とす、漏らす

[出典]中納言参りたまひて 枕草子
「かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、『一つな落としそ。』と言へば、いかがはせむ。 」

[訳]:このようなことはきまりが悪いことの中に入れてしまうべきですが、「1つでも書き漏らしてはいけない。」と(人々が私に)言うので、どうしたものだろうか、いやどうしようもない(ので書き記しておきます)。


意味5:他動詞

なくす、紛失する

[出典]:若菜下 源氏物語
「昨夜のかはほりをおとして。これは風ぬるくこそありけれ。」

[訳]:昨夜の扇をなくして。これでは風がなま温いな。


意味6:他動詞

逃がす、こっそり逃げさせる

[出典]:太平記
「これは謀反の輩を落とさじがための謀なり。」

[訳]:これは謀反のやからを逃がさないための策略である。


意味7:他動詞

劣った状態にする、劣った扱いをする

[出典]:少女 源氏物語
「いま一方の御けしきも、をさをさおとし給はで...」

[訳]:もうお一方のご様子も、ほとんど劣った扱いをなさらないで...


意味8:他動詞

侮る、見下げる、軽く見る

[出典]:若菜下 源氏物語
「人に落とされたまへる御ありさまとて...」

[訳]:人に侮られていらっしゃる御様子だからといって...


意味9:他動詞

調子を下げる

[出典]:若菜下 源氏物語
「琵琶を取り寄せて「衣がへ」をひとわたり落として...」

[訳]:琵琶を手元にたぐり寄せて「衣がへ」を一段調子を下げて...


意味10:他動詞

攻め取る、陥落させる

[出典]:太平記
「この城を大手より攻めば、人のみ討たれて落とすことありがたし。」

[訳]:この城を正面から攻めても、人だけが討たれて(城を)陥落させることはむずかしい。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。