manapedia
英語 someとanyの違い・使い分け方
著作名: ほりぃ
15,628 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここではsomeとanyそれぞれの使い方について説明しましょう。

some

基本的に名詞を後ろに伴って、 いくつかの、何人かのを意味します。
I need to buy some apples. りんごをいくらか買わなきゃいけない。

また、some of ○○(名詞) ○○のいくらかはとなる場合もあります。
Some of my friends are from England. イギリス出身の友達もいます。

ここでテストによく出るのは、日本語訳の仕方です。
上の例文ですが、最初説明した通りに訳すと、「友達の何人かはイギリス出身です」となります。
これでも正解なのですが、先生たちは some of my friendsで「~な友達もいる」と訳すのを期待していますのでチェックしておきましょう。


someにはもう1つの訳し方があります。それがこの文章です↓
Some played soccer, others played baseball.

先ほど基本的にsomeは後ろに名詞を伴うと書きましたが、これは後ろに名詞を伴わないパターンです。
この場合some~は、~する人もいる、~する物もあると訳します。
これもテストによく出てくる項目ですので要チェックです。

any

意味はsomeと同じですが、anyは基本的に疑問文・if・否定文を使った文章で使われます。
また肯定文では一般にsomeが多く用いられますが、譲歩の意味を含むときにはanyも用いられます。 譲歩とは以下のような場合です。

You can come anytime you like. いつでも好きなときに来てくださいね!

疑問文

Are there any trainers in your club? あなたのクラブには何人かトレーナーがいますか?

ifを使った文章

If you have any time, why don't we have lunch together?
時間があれば一緒にお昼でもどう?

否定文not~any

notを伴ったanyの場合、 「not~any」=「no」の意味になります。
I don't have any idea. は I have no idea. と同じ意味になります。
この書き換えもテストでよく出てきますので抑えておきましょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語