manapedia
古文単語「いみじ」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
1,803 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

いみじ

ALT

形容詞・シク活用

未然形いみじくいみじから
連用形いみじくいみじかり
終止形いみじ
連体形いみじきいみじかる
已然形いみじけれ
命令形いみじかれ


意味1

(良い面にも悪い面にも)
はなはだしい、並々出ない、たいそう

[出典]丹波に出雲といふ所あり 徒然草
「御前なる獅子・狛犬、背きて、後さまに立ちたりければ、上人、いみじく感じて...」

[訳]:大社の前にある獅子と狛犬(の石像)が背中合わせになっているたので、聖海上人はとても感激して...


意味2

すぐれている、立派である

[出典]中納言参りたまひて 枕草子
「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。」

[訳]:私、隆家は、素晴らしい骨を手に入れました。


意味3

ひどい、恐ろしい

[出典]:翁丸・上にさぶらふ御猫は 枕草子
「あないみじ。犬を蔵人二人して打ち給ふ。死ぬべし。」

[訳]:まあひどい。犬を蔵人二人がお打ちになる。


意味4

大変嬉しい

[出典]:かぐや姫の昇天 竹取物語
「さる所へまからむずるも、いみじくはべらず。」

[訳]:そのような所へ参りますようなことも、嬉しくございません。


備考

「いみじう」は「いみじ」の連用形「いみじく」のウ音便。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。