manapedia
古文単語「おぼえ/覚え」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
1,110 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おぼえ/覚え

ALT

名詞

意味1

世間の評判、人望

※よい意味で用いられることが多い
[出典]桐壷 源氏物語
おぼえいとやむごとなく、上衆めかしけれど...」

[訳]世間の評判は並大抵ではなく、高貴な人らしい様子でしたが...


意味2

寵愛を受けていること

※この用法の場合、「御覚え」の形で用いられる。
[出典]桐壷 源氏物語
「上達部、上人なども、あいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の御おぼえなり。」

[訳]:上達部や殿上人たちも、(そのご様子を)感心しないことだと思って目をそむけており、とても見ていられないほどのご寵愛ぶりです。


意味3

心当たり、記憶、感覚

[出典]:宮に初めて参りたるころ 枕草子
「振りかくべき髪のおぼえさへあやしからむと思ふに...」

[訳]:振りかけて隠すべき額髪の感じまでも見苦しいだろうと思うと...


意味4

(腕や技術に対する)
自信

[出典]:宇治拾遺物語
「...と言はるる相撲は、おぼえある力、異人よりはすぐれ...」

[訳]:...と言われている相撲取りは、自信のある力が、他人よりは優れており...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。