manapedia
古文単語「はばかる/憚る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,808 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はばかる/憚る

ALT

ラ行四段活用

未然形はばから
連用形はばかり
終止形はばかる
連体形はばかる
已然形はばかれ
命令形はばかれ


意味1:自動詞

悩む、ためらう

※この用法の場合「行きはばかる/立ちはばかる」などの形で用いられる。
[出典]:万葉集 山部赤人
「白雲もい行きはばかり時じくそ雪は降りける...」

[訳]:白雲も行くのをためらって、時期でもないのに雪が降った


意味2:自動詞

いっぱいになる、はびこる

[出典]:物怪之沙汰 平家物語
「ひと間にはばかるほどの物の面出できて、のぞきたてまつる。」

[訳]:ひと間がいっぱいになるほどの(大きな)物の怪の顔が現れて、覗き申し上げる。


意味3:他動詞

気兼ねする、遠慮する

[出典]桐壷 源氏物語
「人のそしりをもえ憚らせ給はず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。 」

[訳]:周りの人が悪くいうのも気兼ねなさることもおできにならず、世間の語り草とでもなりそうなほどのご寵愛ぶりです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。