manapedia
古文単語「みる/見る」の意味・解説【マ行上一段活用】
著作名: 走るメロス
1,872 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

みる/見る

ALT

マ行上一段活用

未然形
連用形
終止形みる
連体形みる
已然形みれ
命令形みよ


意味1:他動詞

見る、目に留まる、観察する

[出典]物語・源氏の五十余巻 更級日記
「心も得ず心もとなく思ふ源氏を、一の巻よりして、人も交じらず、几帳の内にうち伏して、引き出でつつ見る心地...」

[訳]:一の巻から読み始めて、誰にも邪魔されず、几帳の中に横になって、(箱のなかから)引き出して見る心地は...


意味2:他動詞

(人に)
会う、対面する

[出典]:紫式部日記
見るには、あやしきまでおいらかに、こと人かとなむおぼゆる。」

[訳]会ってみると、不思議なほどおっとりしていて、別人かと思えます。


意味3:他動詞

結婚する、異性と関係を持つ

[出典]:若紫 源氏物語
「うち語らひて心のままに教え生ほし立ててばや。」

[訳]:語り合って自分の思いのままに教えて育てあげて結婚したい。


意味4:他動詞

遭遇する、経験する、〜の目に遭う

[出典]東下り 伊勢物語
「宇津の山にいたりて、わが入らむとする道はいと暗う細きに、つたかえでは茂り、物心ぼそく、すずろなるめを見ることと思ふに...」

[訳]:宇津の山について、(これから)自分が入ろうとする道は、とても暗く細く、(おまけに)つたや楓が茂っていたので、なんとなく心細く、(この道を行くと)思いがけない目に遭うのだろうと思っていたところ...


意味5:他動詞

見て思う、判断する

※この用法の場合、「〜とみる」の形をとる。
[出典]神無月のころ 徒然草
「かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに...」

[訳]:このように住むことができるのだなぁとしみじみと思っていると...


意味6:他動詞

理解する

[出典]:空蝉 源氏物語
「童なれども、ものの心ばへ、人の気色つべく静まれるを...」

[訳]:子どもではあるが、物の意味や人の心を理解することができそうなほど落ち着いているが...


意味7:他動詞

占う

[出典]:桐壷 源氏物語
「天の下を助くる方にて見れば、またその相たがふべし。」

[訳]:天下を補佐する(人物という)方向で占うと、またその相が異なるに違いない。


意味8:他動詞

世話をする

[出典]:玉鬘 源氏物語
「かの御かはりに奉らむ。」

[訳]:あのお方の代わりに(玉鬘を)お世話し申しあげましょう。


意味9:補助動詞

試しに〜する、〜してみる

[出典]馬のはなむけ 土佐日記
「男もすなる日記といふものを、女もしてむとて、するなり。」

[訳]:殿方が書いていると聞く日記というものを、女(である私)もしてみようと思って書くのである。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。