manapedia
古文単語「たづぬ/尋ぬ/訪ぬ」の意味・解説【ナ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
946 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

たづぬ/尋ぬ/訪ぬ

ALT

ナ行下二段活用

未然形たづね
連用形たづね
終止形たづぬ
連体形たづぬる
已然形たづぬれ
命令形たづねよ


意味1:他動詞

探し求める、追い求める

[出典]いみじき成敗/正直の徳 沙石集
「主を尋ねて返し給へ。」

[訳]:持ち主を探し求めてお返しください。


意味2:他動詞

(物事の理由は事情を)
探求する、調べて明らかにする

[出典]ゆく河の流れ 方丈記
「これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。」

[訳]:これは本当かと調べてみると、昔から存在していた家というのはめったにない。


意味3:他動詞

質問する、尋ねる

[出典]大納言殿参り給ひて 枕草子
「上もうち驚かせ給ひて、『いかでありつる鶏ぞ。』など尋ねさせ給ふに...」

[訳]:天皇も目をお覚ましになり、「どうして(このような所に)鶏がいるのか。」などとお尋ねになると...


意味4:他動詞

訪問する

[出典]神無月のころ 徒然草
「神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに」

[訳]:10月ごろに、栗栖野という所を通り過ぎて、とある山里に(人を)訪ねて分け入ることがあったのですが


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。