manapedia
古文単語「まぢかし/間近し」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
497 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

まぢかし/間近し

ALT

形容詞・ク活用

未然形まぢかくまぢかから
連用形まぢかくまぢかかり
終止形まぢかし
連体形まぢかきまぢかかる
已然形まぢかけれ
命令形まぢかかれ


意味1

間隔が近い、すぐ近く

[出典]:師尹 大鏡
まぢかきほどなれば、たよりにもと思ひて消息し聞こえつる。」

[訳]:(家が)すぐ近くなので、都合が良いと思って連絡を差し上げたのです。


意味2

ごく最近である

[出典]祇園精舎 平家物語
間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま、伝え承るこそ、心も詞も及ばれね。」

[訳]ごく最近で言えば、六波羅の入道で前の太政大臣平朝臣清盛公と申した人の有様は、人から伝え聞くにつけても、想像することも言い表すこともできないほどである。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。