manapedia
古文単語「きはむ/極む/窮む/究む」の意味・解説【マ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
616 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

きはむ/極む/窮む/究む

ALT

マ行下二段活用

未然形きはめ
連用形きはめ
終止形きはむ
連体形きはむる
已然形きはむれ
命令形きはめよ


意味1:他動詞

極める、限界にまで至らせる

[出典]祇園精舎 平家物語
「遠くの異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の禄山、これらは皆、旧主先皇の政にも従はず、楽しみを極め...」

[訳]:遠く外国(の例)を探すと、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の禄山、これらの者はみな、もとの主君や前の皇帝の政治にも従わず、楽しみの限りを尽くし...


意味2:他動詞

終わらせる、尽くす

[出典]:明石 源氏物語
「何ばかりの過ちにてかこの渚に命をばきはめむ。」

[訳]:どれ程の罪でこの(須磨の)渚で命を終わらせようとするのか。


意味3:他動詞

決める、定める

[出典]:去来抄 先師評
「先師をはじめいろいろと置き侍りて、この冠にきはめたまふ。」

[訳]:先師をはじめ(皆も)いろいろと(歌の上の5文字)置いてみまして、この冠にお決めになります。


意味4:自動詞

限界にまで達する、最高になる

[出典]:車の五緒は 徒然草
「程につけてきはむる官、位に至りぬれば乗るものなり。」

[訳]:(家の)格に応じた最高の官位に達すると乗るものです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。