manapedia
古文単語「ひさし/久し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
2,329 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ひさし/久し

ALT

形容詞・シク活用

未然形ひさしくひさしから
連用形ひさしくひさしかり
終止形ひさし
連体形ひさしきひさしかる
已然形ひさしけれ
命令形ひさしかれ


意味1

長い時間が経っている

[出典]養和の飢饉 方丈記
「また養和のころとか、久しくなりて覚えず。」

[訳]:また養和の頃(時代)であったでしょうか、長い時間が経ったので覚えてはいません。


意味2

長い時間がかかる

[出典]にくきもの 枕草子
「例あるところにはなくて、ほかに尋ねありくほどいと待ち遠にひさしきに」

[訳]:普段いる所にはいなく、あちこち訪ねて歩きまわるその間、(早く見つからないかと)待ち遠しく時間がかかっていたところ...


意味3

久しぶりである

[出典]:磁石 狂言
「そなたは最前から『久しい、久しい』とおっしゃるが、身どもは知る人ではおりないぞや」

[訳]:あなたは最初から「久しぶりだ、久しぶりだ」とおっしゃいますが、私は知人ではありませんよ。


意味4

馴染み深い

[出典]:曽根崎心中
「亭主は久しい客のこと、善し悪しの返答なく...」

[訳]:亭主は馴染み深い客のことなので、いいとも悪いとも答えず...


備考

「久しい」は連体形「久しき」のイ音便。
「久しう」は連用形「久しく」のウ音便。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。